紙切れ

設定迷子メモ

とりあえず設定だけあるけど、どこの話に出そうか…って中途半端な状態の集合場。

キャラクター

獣ro探偵
名前:蜂矢 束(はちや つかね)   性別:♂  年齢:18  身長:176cm 
人種:幻獣型   所属:青蜂
メガネをかけててガリ勉に見えるが、実際は頭の良い運動系。黒髪ストレート。朱里の後輩でそのお仲間でした。
でも突然朱里がワルをやめちゃってそれにキレて一時期はぶっ倒そうと考えてたけどちゃんと話し合って訳を聞いて超尊敬するように。
そういう事する時は眼鏡を外し黄色いメッシュ(ウィッグ)が左側につく。(朱里と対立してからは青)
その時名乗る名は「束留(さとる)」
普通にしてればただ普通の人だがかなり束縛欲が強く下手すりゃ監禁するドS。ヤンホモうぇーい!先輩大好きいえーい!
女性には一切興味のないホモ!うわぁーい!特に女性らしい女性が本当苦手。多少男勝りな子なら大丈夫でしょう。

幼い頃、学校から家に帰ると謎の人物(父親の部下で仕事の恨みがあり耐えきれず犯行に)が両親を誘拐しようとしていて、
それに巻き込まれ束も一緒に誘拐される。
弟は学校からそのまま友人宅に遊びに行ったため無事。誘拐された先で両親が目の前で殺害される。
束縛欲が強いのは自分の大切な人を守りたい意志が変な風に表れちゃってるんだよ。


名前:蜂矢 早(はちや さき)   性別:♂  年齢:15  身長:cm 
人種:無獣型(幻獣みえる)
束の弟。見た目は兄とは違い癖っ毛で、カチューシャで前髪ごとあげている。性格もチャラ くリア充&弟タイプという感じ。
お兄ちゃんが裏で不良やってる事は知らない。両親が殺された事も低学年だったせいかほとんど覚えていない。
兄ちゃん大好きで頭もいいし強いので尊敬してる。ずっとラブラブしてろ!


名前:青蜂(あおばち、ブルービー)   性別:♂  年齢:?  身長:cm 
人種:精霊(虫)   
束の幻獣(精霊?)で一人称を「ボク」から「オレ」に替えようとしているがついボクと一瞬いってしまうためいつも「ボッ…オレは~」となってしまう。それにイラついた束が「うるせぇんだよボーレ」と言い
「ボッ…オレの名前ボーレではありません!…あ、「ボク」と「オレ」を合わせて「ボーレ」ですか!上手いですねぇご主人!こっちの方が突っかからずいいですねぇ…次からそうさせていただきます、ご 主人!」ということで一人称が「ボーレ」。白黒目ショタ。


名前:氷雨(ヒサメ)本名:斐醒 司(杉本 司)   性別:♂  年齢:16  身長:162cm 
人種:自獣型
真っ黒な髪だが一部白髪で切り口も揃っておらず肩にかかる程度の長さ。太眉で目に生気はなく真っ黒に濁っている。
自身、動物に疎いが猫が好きで、何処かで聞いた「雨の神」とよばれるジャガーを元に獣の姿を造っている。
既に“運命の日“を迎えているため死ぬことはなく、ヒノくんと出会ってからは殺人衝動を抑えるためによくぐさぐさやられてる。
(=ストレス発散のおもちゃ)無口で全くと言っていいほど喋らない。常に黒ジャージで城さんに預けられてる
Mでもないのに何故か人によく殴られたり殺されたり虐められる。その時発する叫び、呻き声が腹に響いて心地よい。(ヒノ談)

斐醒という名前は血の繋がらない兄の名前。司は養子で家に迎えられたが、何をしても成功、上手くいく人間だが自信のない性格でそこを兄の斐醒に嫌われ、斐醒大事な養母は司にはあまり構わなくなる。
嫌われてはいるが兄と呼ばれるのは嫌ではないらしいので司は頑張って「兄が大好きな弟」になっていた。暴力等はなかったものの、時に無視、いやがらせ、学校でのいじめ。色々なことが重なり人生に疲れ、中二の時、高台からの飛び降り自殺を試みる。しかし、死ねなかった。死ななかった。司は特殊な人間で、その日以降年を取らなくなり怪我も一瞬で治る不老不死に。ついでに、ジャガーにもなれるようになった。(実際はもう死んで衣精霊となっている。クランと同じタイプ)その事を斐醒に報告したら試しに殴られた。殺された。殺された。殺されかけた。それで兄が満足するなら。それで自分が弟でいられるなら。満足であった。しかし、突然斐醒は行方不明になり、養母は徐々に崩壊していき「あんたがいなくなればよかったのに」と言われるほどに。それ以降、司は「氷雨」になった。

兄とは1歳差。
気持ち良くなると尻尾が出て、良い感じになると耳も出る。左目に傷有り、全身も服でみえないが義母にやられた傷や痣が沢山ある。


名前:杉本 斐醒(すぎもと ひさめ)   性別:♂  年齢:17  身長:cm 
人種:?
朱里高一で高三、17
黒髪眼鏡の優しい人当たりのいいのほほん系。ドジっ子属性があるけど裏というか本心はめんどくさがりの腹黒野郎。ドジっ子は素であり自身のコンプレックスで、何もかも完璧だった弟の司が嫌い。弟が不死という事を知って以来何度も殺すほどの暴力を振るっていた。
不死ではないが自身もいつからか、意思とは反し勝手に並行別世界へ飛んでしまうようになる。始めのうちはすぐに出口があり元に戻れたが回数を重ねるごとに複雑な所や出口が見つけにくい所になったりと自分一人では帰れなくなっていく。それを気に家出をし玄澤の家へ転がり込んだ。以降、玄澤の弟子であり使い魔であり世界の行き来の仕方等学ぶ。

どこかの別世界に飛んだ時、ハチマキをした女性と出会っている。



名前:実子(みのりこ)   性別:♀  年齢:19  身長:175cm 
人種言語の魔法使い
一時期ヒノを探すためにあちこちで人を傷つけていたために殺傷鬼と呼ばれるように。
耳はちゃんと聴こえるのに話すことが出来ず、文字もあまり書けない。


名前:実臣(みおみ)   性別:♂  年齢:  身長:192cm 
人種:魔法使い   
実子の父で魔法使いである
実子が通常の言葉を発せないのは、魔法の言葉しか喋れないという、魔法特化の人間だからである。本来言葉を発するには息を吐くが、逆に魔法の言葉は吸いながらの発音のため、真逆でありそれを実子はできない。

殺人罪でムショ入りしてたがヒノくん20くらいで出所、再び親子対面する



名前:津嘉山 恭治(つかやま きょうじ)   性別:♂  年齢:18、19  身長:cm 
人種:なおす技術者   
一人称:オレ

蜂矢と同じ学校だが他クラス。高3。お互い初めて会った時は「あぁそういえばこんな奴いたな」って感じ。
幼馴染ちゃんとも他クラス(not蜂矢クラス)←ちな恭ちゃんって呼ばれてる。唯一おぐおぐと同じクラス。
異世界からご帰宅後妙な能力が開花してしまい大変苦悩している様子。
負の過去の記憶(トラウマ)持ちだったり、そういう事をふと思い出されたら途端に頭痛と共にその記憶が見えてしまう。
相手の記憶が悪ければ悪いほど、酷ければ酷いほど頭の痛さが増し、場合によっては寝込むほど
相手からの一方通行なため自身のコントロールはいくら努力しようとも不可能。痛み に慣れるしかないのである。
こんな厄介な能力持ちなくせにそういうトラウマ持ちな奴らとの出会いばかり。頭痛が絶えませんね恭ちゃん…
蜂やん→ツキヤマ(恭治) おぐおぐ→恭治


名前:小倉 羅氏(おぐら らうじ)   性別:♂  年齢:17  身長:cm 
一人称:俺
恭治と同じクラスで委員長。変な名前の由縁は武家の息子のせいなのだとか。
実は蜂矢同様、元朱里のお仲間さん。今では蜂矢のしったぱについている。同じ学校でちょくちょく会うこともあり、割と信頼されてる
基本無欲でそこらへん人間やめてむしろ悟りに入ってるかも。のほほんと暮らしたいらしい。
鎖骨から右胸部にかけてと、脇腹にふたつ大きな火傷の跡があり、それを見られるのがコンプレックスで夏でもあまり首元をださない。
恭治は火傷一部分露出程度なら頭痛を起こさないが上半身裸になって誰かに見られると頭痛が起こる。
本当は「宇治」を名字にしようかと思ってたんだけどそれじゃ治が被るから氏になってなんとなく小倉に なって「ハハッ餡子と宇治かぁ和風でうまそwww」とか思ってたら羅になっちゃってもう抹茶どら焼きです本当に(ry



海カイ

鈴斗りんと

雪元ゆきもと

陽汰よーた




名前:ヴェイグ()   性別:♂  年齢:134歳(ルードの12個上)  身長:cm 
人種:眼の一族
一人称:僕、私
長男
兄弟愛が異常で家族に対してはすごく優しい。親戚のおじちゃんかってぐらい。血縁者じゃない奴には容赦ない
という差別がとても酷い人。仲良くなれば別だけどね。さらっとしている性格で細かい事は気にし過ぎないタイプ。気にしろ。
三つ目ではあるが視力はなく、表面上見える目からは何も見えていない。見えるの(能力)は物の形、動いている物、電波、幽霊 。
視界共有に長けており相手に気付かれず共有できる。そのため目が見えずとも景色は見たことがあり把握している。
目が見えないせいか耳が非常に良い地獄耳。彼の近くで変なことは言えないぞぉ
芸術作品が好き。絵画や骨董品などなど。直線的なものより曲線的なものを好む。
兄弟の中でも完成品のルードを溺愛しており、そっち方面にいかせたのはこいつのせい。
目が見えないのでずっと実家ぐらしのニートである。
家の修行の一環で家を出てた時期もあり、その時子を持っていたが目の一族ということで幼い子が攫われそれ以来行方不明。
本家はヴェイグの子供の存在を知らなかった為に捜索はしていない。一時期自力で試みるも限界を感じ諦めニー トへ。


名前ルード  性別:♂  年齢:122歳  身長:189cm 
人種:()   所属
一人称:私、(素の時は俺)

まぁお察しなので割愛。
ヴェイグに好かれすぎてちょっと苦手意識を持っている。会うたびセクハラかましてくるから仕方ないネ。
兄さんよかグレアの方が可愛げがあって好き

名前:グレア()   性別:♂  年齢:120歳  身長:185cm 
人種:()   所属
一人称おれ
三男。
ルードを追って家出したものの狂気が過ぎてたので黒澤の目に封印されていたグレアくん。
ルード兄さんは殺したいほど好きだけどヴェイグ兄さんはうざいので好きじゃない。構われてもスルーしてる。
家出してから行方不明だったけど黒澤に出してもらってから本家で保護という名の軟禁状態。
妹の存在は知っていたが親がグレアの事を信用していないため彼女に危害 を加えると考えて一度も会ったことがない。
同じ家に住んでいるのにね。
表面上額の目は見えないが内側に存在している。親族はその存在を知らず三つ目ではないグレアを軽蔑している。
中身が見えるヴェイグ、ルードはその事を知っている。

名前:ラフ()   性別:♀  年齢:30歳  身長:163cm 
人種:()   所属
一人称:私

上兄弟とは腹違い。おとんのはほら、冷凍保存だからちゃんと人間…。
長男は目見えない劣等だわ、完成品の次男は冷凍保存や子作り前に精霊になるわ、三男は三つ目じゃないし狂ってるわで散々だったために後継者として生まれた。目の能力は千里眼、未来視(可変可)など遠くを見るものが多い。目の一族としては通常の能力だがグレアよりマシということで 正統な後継者となり、ステラを産んだ。
後継者ということもあり街に頻繁に出掛けられるがそれなりに制限がかかり常に監視の目がある。
本家から見られている事にストレスを感じ、離れで一人暮らしをしている。離れの中は監視されていないが外(敷地内)でやはり監視の目があるためなかなか出ようとしない。
性格は明るめ、嫌ことは嫌とはっきり言うが物わかりがいいので自分に都合の悪い事は言わない。
ルードに次いで空気読みスキルは高い。
ヴェイグがしょっちゅう離れに来ては一緒に生活しているので実質二人暮らし。ステラがいた頃は三人暮らしか。
ルードの存在はもちろん知っているが、グレアに関しては親から何も言われず、ヴェイグから聞く までは知らなかった。

実はステラは兄、ヴェイグとの間に生まれた子供である。
街に出て彼氏とか作るのかー不安だなーって兄に相談したら、じゃあ予行練習する?って一回やったらできちゃったー…みたいな。
ラフちゃん純粋なのでゴムなんて知らなかったんだよ!なお、本家には秘密にしてある。教えても本家は同族同士のほうが完成品に近い存在ができると信じている為言っても問題はないだろうが…ね。


ヴェイグ:ペドフィリア、インセスト
ルード:バイセクシャル(というか万人を愛せる)
グレア:ネクロフィリア、ボレアフィリア
ラフ:サディスト
ステラ:サムフェリア→シュムドネクロ フィリア(&歪んでいても愛してくれる人が好き)
桃磨:バイセクシャル(特別なもの変わったものが好き)




交流キャラ

アレです。

名前:紡流(つむる)   性別:♂  年齢:24  身長:191cm 
人種:殺人鬼   所属:混血
一人称:僕  二人称:君、お前

・仕立屋を経営しているが赤字により掃除屋(普通~特殊)のバイトもしている。
・しっかりしているがどこか抜けてる性格で純粋。
・記憶力がすんごい。けどワザと忘れたフリをしたりする。
・筋肉もすごいよ。
・手先が器用で武器は強度のある糸。髪を自在に操る事もできるがあまり使わない。
・家事全般得意で料理が美味い(オカン)。
・曲野の血が覚醒すると子供ばかり殺してしまう。
■好き
子供、細かい作業、死体の腐乱臭、血が乾いたような赤色
■嫌い
揉め事

うちよそ

トカゲ
29

  • 最終更新:2017-06-24 01:04:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード